VRの活用へのヒントが見つかるメディア

VR(バーチャルリアリティ)とは?〜3大必要条件と必要な機材のコスト〜

オキュラスリフト

簡単に言うと、本来の意味は、

みかけや名前など表層的にはちょっと違うけど、それぞれの目的に合わせて効果や機能などの本質的な部分が合致するように作られた現実。

といったものです。バーチャルリアリティは「仮想現実」と訳されることもありますが、この印象とは少し違うかもしれません。今回は、導入として、VRに必要な条件や実際に体験するために必要な道具、機器についてまとめます。

VRに必要な3大条件とそれによる「没入感」

条件1:人間にとって自然な3次元空間

作られたCGの3次元モデルでも、360°写真のような空間全体の写真でも、そういった一般的な空間が必要です。

条件2:リアルタイムの相互作用

作られた環境と自分との間のリアルタイム相互作用というのは、敵をやっつけたり撃ち落としたりと一般的なテレビゲームなんかをイメージしたらわかりやすいと思います。ただ、テレビには条件1の空間が自分の周りに広がっているあるわけではないので、バーチャルリアリティとは言えないです。

条件3:自分がその環境と繋がっていると感じる状態

作られた環境と自分がスムーズに繋がっていると感じるには、例えば、目の前には作られた環境だけが見えるようヘッドマウントディスプレイをつけて、自分の意思で顔を振って視点を動かしたら、その方向の景色が見えると、こういった感覚は感じやすくなりますね。

このような上記3つの条件をいかに実現するのかということで色々な研究、技術開発がされていますが、こういった3つの観点それぞれで、高いレベルで実現するものから、ライトな低いレベルで実現しているものまで様々です。例えば、条件1について言えば、綺麗な3次元空間から、解像度が粗い低いレベルの3次元空間など様々なわけです。

そして、これらが組み合わさって、自分があたかも違う場所で「実体験」をしているように感じる「没入感」というのが達成されます。よく、「没入感が高い」といった言い方がされますが、没入感を感じるかどうか、はVRの質を評価する上で重要な要素になります。

バーチャルリアリティの体験に必要なもの

では、実際にバーチャルリアリティの体験のためには何が必要なのでしょう。大きく2つあります。

(1)ヘッドマウントディスプレイ(HMD)

頭に装着して目の前に違う環境を映し出すために必要です。頭に装着するための部分とディスプレイが一体型のタイプと、スマホなどディスプレイがついたものを装着するタイプの二つが大きくあります。

前者には、オキュラスリフト(Oculus rift)HTCバイブ(HTC Vive)、これらよりは少し質が劣る2016年秋発売予定のプレイステーションVR(PSVR)など、比較的レベルの高いVRを実現するための機器です。これらは、映し出すグラフィックの計算などをするコンピューター自体は、HMDと繋いだ別のコンピューターによって行われます。

レベルの高いVRを実現するためのHMDの値段

  • オキュラス(Oculus rift) 国内価格:94,600円
  • バイブ(HTC Vive) 国内価格:111,999円
  • プレステVR(PSVR) 国内価格:44,980円

(上記は2016年4月現在の情報)
※オキュラスとバイブには、後述するモーションキャプチャーも含まれます。その他、各種コントローラーなども含まれた価格で、詳細は省きます。

そして、後者には、グーグルカードボードなどのような段ボールの安価なものから、中国製がとてもたくさん出てきていますがプラスチック製で丈夫で焦点距離の調整があったり少しちゃんとしたもの、そしてGear VRのようにスマホを直接端子でつなぐもうちょっとレベルの高いものまであります。これらは、いわゆるスマホVRと言われ、上記のVRに比べるとVRの質は落ちます。ただ、値段は以下のように、1000円程度からとかなり手頃になっています。

スマホVRに必要なHMDの値段

  • グーグルカードボード 1,000円程度
  • 中国製プラスティックHMD 3,000円〜6,000円程度
  • Gear VR 国内価格:14,900円

(2)グラフィック処理などをするコンピューター

目の前に映し出すものを表示するためにグラフィック処理などを行うコンピューターが必要です。上記のオキュラスなどのVRには、現時点の平均的なパソコンよりも高い計算能力が求められます。値段で言うと、安いものでも20万円程度はかかります。ただ、グラフィックボードの低価格化も進み、今後、値段はどんどん下がっていく可能性があります。

スマホを使うタイプは、スマホがディスプレイだけでなくそのコンピューターの役割も担うわけです。スマホの能力は年々進化していると言っても、上記に比べれば低いものです。値段は、iPhoneやサムソンギャラクシーなどの値段なので、5万円程度、というイメージでしょう。

(3)その他(モーションキャプチャなど)

上記に加え、自分の状況を目の前の環境にリアルタイムに反映したり、自分が何かしらアクションを行い、作られた環境と相互作用するために、モーションキャプチャとモーションコントローラーも大事な要素です。様々なタイプがありますが、ここでは詳細は省きます。

スマホによるVRはこれを使っておらず、移動のためにクリックをしたりなど、簡易的に何かしらのアクションができるといった程度に現在は限られています。逆に、そのような操作で十分な用途にスマホVRが使われる、ということです。

まとめ

まとめると、今回あげた3つの条件をちょっとでも満たしていれば、広くVR(バーチャルリアリティ)と言うことができます。何か一つが欠けているとVRとは言えないわけです。

ただ、「没入感」という観点で、高いレベルのVRから低いレベルのVRまで様々あります。

VRの体験のために必要なものとして、HMDとコンピューターの二つ。そして、オキュラスリフトのように、高いレベルのVRと、低いレベルのスマホVRの2つに大別されます。今現在は、プレステVRは別として、前者は25〜40万円程度の導入コストがかかり、後者は5〜10万円程度のコストとなります。これらは、今後、VRの用途、目的に応じて、それぞれが適切に利用されることとなっていくことが予想されます。

SNSでフォローする