VRの活用へのヒントが見つかるメディア

”Google Cardboard”っていったい何?

スマホでVRを楽しもうとして、『Google Cardboard』という単語に出くわした方、多いのではないでしょうか。

YouTubeなどで目にするこの単語、何のことだか非常にわかりづらいです。今回の記事では、このCardboardというのが何なのか、VR初心者の方に向けてわかりやすく解説します。

1. Cardboardって何?ザックリと解説!

Google Cardboardは、この写真のようなゴーグルの名称です。スマホでVRを閲覧する際に使います。

YouTubeでVRに対応している360度動画を開くと、

画像のようにアイコンが出てきます。このアイコンがCardboardのアイコンです。

2. Cardboardは規格でもある

ただ、現在、ダンボール製のCardboardゴーグルを使っている人を見ることはあまりありません。イベントで配布されていたりするのは見かけますが、わざわざ買って使っている人はそう多くはないでしょう。

スマホVRを使う男性

スマホVRといえば、上の写真のようなゴーグルを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ダンボール製ではありませんが、これも実はCardboardの一種です。というのも、Cardboardは、VRの規格の名前でもあるから。

Cardboardは、オープンソースといって、誰でも自由に使うことができるものとして公開されました。設計図まで公開されているので、公式サイトで購入しなくても、設計図をダウンロードし、自分でCardboardを組み立てることもできてしまうのです。

スマホとVRグラス「カセット」でVR動画の視聴「カセット」のようなグラスタイプのVRゴーグルも発売されています。

GoogleはCardboardでお金儲けをするよりも、たくさんの会社にVRゴーグルを製作・販売してもらって、VRをたくさんの人たちに普及させようと試みました。結果、Cardboardは大成功。現在発売されているスマホ向けVRゴーグルのほとんど全てはCardboard規格のものです。

3. Cardboardアプリ

スマホVRの仕組みは非常に単純なものなので(参考記事:VR・AR・MRの違い!専門家であるスタートアップ企業がくわしく解説)、ゴーグルをセットするだけで、特別なアプリなどインストールする必要もなく使えてしまいます。

ただ、Cardboardを最大限活用したい場合には、GoogleのCardboardアプリをインストールする必要があります。

Cardboard規格のVRゴーグルには、基本的にQRコードが付属しており、Cardboardのアプリを初めて起動すると、このQRコードの登録を求められます。これは、VRゴーグルの性能を引き出すための作業。

このQRコードはVRゴーグル「カセット」のもの。

Cardboard準拠のゴーグルには、QRコードが付属していることが多いのですが、これをアプリで読み込むことで、そのゴーグルで正しく快適に表示されるような調整(レンズの焦点距離など)がなされるのです。

ゴーグルの設定を行った後は、CardboardアプリからVRアプリを起動したり、ダウンロードしたりすることができます。

非常に出来の良いゲーム・アプリが無料で配布されていたりもするので、いろいろ見てみると面白いですよ。

4. まとめ

まとめると、”Cardboard”という単語が表すのは


① Googleの出しているVRゴーグル商品の固有名詞
② スマホVR向けゴーグルの規格の名前
③ スマホVRアプリの名前

この3つということになります。

文脈によって違う使われ方をしているのでちょっと複雑ですが、一度理解してしまえばなんてことありません。

ぜひお手持ちのスマホでCardboardを使って、お手軽VRを試してみてくださいね。

SNSでフォローする