VRの活用へのヒントが見つかるメディア

東京都内VR11選!体験できるスポット・アトラクションまとめ

【9月23日 最終更新】

ゴーグルを着けて、まるで別世界に行ったかのような体験ができるVR。
VRの広まりに連れて、気軽に安価で体験できるところが増えてきています。
今回は東京都内でVR体験ができるスポットをまとめてみたので、ぜひ参考にして最先端のアソビを体験してみてください!

渋谷エリア

1. VR PARK TOKYO

渋谷駅から徒歩7分という好立地に位置するVR PARK TOKYOは、アドアーズが運営するVRアトラクション専門のゲームセンターです。

これまで六本木の高級ジムでしか体験できなかった筋トレVR『イカロス』や、本サイトでも取り上げたVR空間を走り回れるアトラクション『Virtuix Omni』が遊べるのはここだけ。

オープンしてからしばらく経つ今でも続々と新ゲームが追加されており、8月には上で述べた『イカロス』『Virtuix Omni』に加えて、ホラー体験『呪いのVR』の3つが新アトラクションとして導入されています。

90分制というシステムでサクッと遊ぶことができるので、ちょっとした空き時間に行ってみてはいかがでしょうか。

☆VR PARK TOKYO
[営業時間] 10:00-23:20、土曜日のみ10:00-23:30
[料金] 90分遊び放題、入れ替え制
事前予約:平日2,900円(税込)、休日3,300円(税込)
当日入場:平日3,300円(税込)、休日3,500円(税込)
[身長制限]なし
[年齢制限] 13歳未満はプレイ不可
[公式サイト] http://www.adores.jp/vrpark/

参考:
渋谷の中心に現れた異空間!『VR PARK TOKYO』に遊びに行ってきた
VR空間を歩けるデバイス『Virtuix Omni』体験レポート

 

2. シブヤVRランド

シブヤVRランドは、長崎のハウステンボスが運営するVRアトラクション施設です。本家ハウステンボスでは約30種類ものVRアトラクションが遊べるのですが、その一部をここで体験することができます。

遊べるのは、スリル体験ができる『ウルトラ逆バンジー』、シューティングゲームの『BLAST×BLAST』、ホラー体験の『VR心霊百物語〜廃病院』、リズムアクションゲーム『エアトーン』、そして恋愛シミュレーション『迫りくる愛のささやき』の5つ。

見ての通り非常にバラエティ豊かな取り揃えで、VRゲームの可能性を感じられそうです。

特に筆者が気になるのは『迫りくる愛のささやき』。イケメンもしくは女子高生から壁ドンしてもらえるというVRアトラクションだそうです。非常に興味深い。

上で紹介したVR PARK TOKYOからすぐ近くにあるので、VRハシゴしてみてもいいかもしれませんね。

☆シブヤVRランド BY ハウステンボス
[営業時間] 11:00-21:00
[料金]
2,200円(全コンテンツを1回ずつ体験可能)
1,200円(ウルトラ逆バンジー+1コンテンツ)
[身長制限]なし
[年齢制限] 8歳以上(13歳未満は保護者の同意が必要)一部13歳以上対象あり。
[公式サイト] http://www.huistenbosch.co.jp/vrland/

 

 

新宿エリア

3. VR ZONE SHINJUKU

VR ZONE SHINJUKUは新宿にオープンしたばかりのVRゲームセンター。バンダイナムコが運営するだけあって、マリオ、ドラゴンボール、ガンダムにエヴァンゲリオンなどなど、キャラクターもののゲームが豊富なのが特徴です。

マリオカートVRでは、実際にマリカーを運転するだけではなく、車から手を伸ばして亀の甲羅を掴む・投げる体験が可能。友達と対戦すればとても盛り上がりそうです。

ドラゴンボールVRでは悟空になりきってかめはめ波の発射体験。エヴァンゲリオンVRでは、仲間と協力してエヴァを操縦、使徒を撃退するところまで遊べます。
見ての通り、どのタイトルも超目玉級のアトラクションなのです。

また、11月から期間限定で『機動戦士ガンダム 戦場の絆VR』が稼働することも決まっています。ガンダムシリーズファンの筆者、早く遊びたくて待ちきれません…。

パーク内にはレストランがあり、VRで楽しんだ後は本格フードを楽しむこともできます。友達と行けば盛り上がること間違い無し!

☆VR ZONE SHINJUKU
[営業時間] 11:00-21:00
[料金]
入場チケット:大人800円、子ども(13歳未満)500円
1day4チケットセット 4,400円
その他、各アクティビティの当日チケットもあり
[身長制限]アクティビティによる。詳細は公式サイトに記載。
[年齢制限]アクティビティによる。詳細は公式サイトに記載。
[公式サイト] https://vrzone-pic.com/

 

 

お台場エリア

4. ZERO LATENCY VR

お台場ジョイポリス内にあるZERO LATENCY VRでは、他とは一風変わったVRゲームを遊ぶことができます。その名も『SINGULARITY』。

通常VRゲームは、ゴーグルまでケーブルが繋がっているため広い範囲を動き回ることはできません。しかしZERO LATENCYを使ったこの『SINGULARITY』では、バックパック型のパソコンを背負ってゴーグルを装着するので、自由に動き回ることが可能です。

広い部屋で6人のプレイヤーが同時にVRゴーグルを着けて協力プレイするこのゲームは、まさに最先端の体験

4kgのバックパックと2kgの銃を持ちながらのシューティングゲームということで、なかなか疲れそうな気もしますが、それもリアリティがあっていいかもしれません。どっぷりとSFシューティングの世界に浸かりたい方にオススメです!

完全予約制なので、事前に申し込み手続きを済ませてから遊びに行きましょう。

☆お台場ジョイポリス「ZERO LATENCY VR」
[営業時間] 10:30-22:30
[料金]
平日:1,800円(税込)
土日祝日・年末年始及び特別営業日:2,000円(税込)
[身長制限]なし
[年齢制限] 13歳未満はプレイ不可
[公式サイト] http://tokyo-joypolis.com/attraction/1st/zerolatency/

 

 

お台場・押上エリア

5. VirtuaLink

VR初心者にオススメしたいのがこの『VirtuaLink』。東京スカイツリータウンとダイバーシティ東京プラザで楽しめる、カジュアルなVRゲームです。

『VirtuaLink』は2人乗りの宇宙船に乗って、宇宙空間で起こるさまざまなミッションをクリアしていく協力プレイ型ゲームです。

「シンクロするVR。」のキャッチコピーの通り、このゲームでは2人のコンビネーションがとても重要。一人でプレイすることはできず、必ず誰かとペアになってプレイすることになるので、人見知りな方は偶数人で遊びに行きましょう。

座ったまま頭の向きだけを動かしてプレイするゲームとなっているので、VR酔いの心配もなく、ゲームをあまり遊んだことのない人も安心して遊ぶことができます。一方、本格的なVRアクションゲームを求める人にとっては、ちょっと期待はずれかもしれません。

ゲームの最後には、結果に応じた成績が表示されます。気になる人と遊びにいって、ふたりのシンクロ度を測ってみてはいかがでしょうか

☆ダイバーシティ東京/東京スカイツリータウン「VirtuaLink」
[営業時間] 10:00-21:00
[料金]1,500円(税込)、学生割引料金1,200円(税込)
[身長制限]なし
[年齢制限] 12歳未満はプレイ不可
[公式サイト] https://planetarium.konicaminolta.jp/VirtuaLink/

 

 

池袋エリア

6. SKY CIRCUS

池袋サンシャイン60にある体感型展望台 SKY CIRCUSでは、3つのVRアトラクションを楽しむことができます。

1つめは『TOKYO弾丸フライト』。展望台から人間大砲で打ち出され、未来の東京を巡るバーチャルツアーを楽しめます。約2分間で浅草、秋葉原、銀座、六本木、渋谷などといった有名な観光地を周るという、これが本当の弾丸ツアーかという内容になっています。

2つめは『スウィングコースター』。ブランコ型のコースターに乗って、池袋の街を上空から疾走するアトラクションです。

外から見ているとなんとなく気持ちよさそうな印象を抱きますが、ゴーグルを着けている人にとっては実は絶叫型のアトラクション。

コースがいくつもあり、また、行く時間によってDayモードとNightモードが切り替わるので、何度でも楽しむことができそうです。

そして3つめは『SKYエスケープ』。海抜231mを誇るサンシャインの屋上に上がり、襲ってくる敵を銃で撃ち落としながらヘリコプターに乗って脱出するというアクションゲームです。

どれも池袋を舞台にしており、サンシャインでしか楽しめないコンテンツです。展望台に立ち寄った際には是非遊んでみてくださいね。

☆サンシャイン60展望台「SKY CIRCUS」
[営業時間] 10:00-21:00
[料金]
展望台入場チケット:
大人 1,200円
学 生(高校・大学・専門学校) 900円
こども(小・中学生) 600円
幼 児(4才以上) 300円
VRアクティビティ体験チケット:
TOKYO 弾丸フライト(1回/1名) 600円
スウィングコースター(1回/1名) 400円
SKYエスケープ~高所恐怖体験~(1回/1名)500円
[身長制限]2m以上、130cm未満はプレイ不可
[年齢制限] 12歳未満はプレイ不可
[公式サイト] http://www.skycircus.jp/

 

7. FIRST AIRLINES

今都内にあるVRスポットの中で一番の変わり種はきっとここ、FIRST AIRLINES

FIRST AIRLINEは、地上にいながら航空・世界旅行の体験を味わうことのできる、世界初のバーチャル航空施設です。体験は完全予約制で、ホームページからの予約が必要。

池袋駅から徒歩5分のところにある”池袋国際空港”に着いたら、受付を済ませて搭乗券を手に入れ機内に。実際に旅客機で使われていたファーストクラス・ビジネスクラスの椅子に身を沈めると、すぐにおよそ100分の空の旅が始まります。離陸後はVRゴーグルを着けて旅行先をヴァーチャル観光。その後は、一流シェフが手がける機内食を頂くこともできるそうです。

機内サービスを務めるのは、実際にファーストクラスの添乗員を努めていたクルーによって訓練された、本物のCA候補生たち。非常にこだわりのある、どこまでも本物志向のVRアトラクションです。

ファーストクラスでの空の旅に興味がある方、一度試してみる価値アリですよ!

☆FIRST AIRLINES
[営業時間] 平日 17:30-23:00、土日休日 15:00-23:00
[料金] 2017年9月22日現在のキャンペーン価格:
First Class 5,980円
Business Class 4,980円
[身長制限] なし
[年齢制限] なし
[公式サイト] http://firstairlines.jp/index.html

 

 

秋葉原エリア

8. ドスパラVRパラダイス

秋葉原のPCショップ、ドスパラ本店に設置されているのがこのドスパラVRパラダイス。VRの体験だけでなく、気に入った場合はその場でVRデバイス「HTC VIVE」の購入が可能です(実は筆者も、ここで体験してその場でお持ち帰りを決めたゲーマーの一人です)。

ゾンビゲーム『The Brookhaven Experiment』のような自宅PCにダウンロードして遊ぶことのできるゲームの体験に加えて、『ピナのVRフォトセッション』『HopStepSing!』などといったここでしか遊べない特別タイトルも。

『ピナのVRフォトセッション』は、スマートフォンのゲーム『潜入ゲーム』に登場する女子高生キャラクターのピナをVR空間で撮影するゲーム。

『HopStepSing!』ではVRアイドルが目の前で歌って踊るという体験ができます。秋葉原のお店というだけあって、どちらも「萌え」に力を入れた内容となっています。

販促のためのコーナーなので、すべて無料で楽しめてしまうのもドスパラVRパラダイスの特徴。萌えゲーだけでなく、本格アクションゲームも数多く体験できるので、無料でVRを試してみたいという方におすすめです!

☆ドスパラ秋葉原本店5F (ドスパラVRパラダイス)
[営業時間] 平日13:00~20:00、土日祝12:00~20:00
[料金] 無料(予約制)
[身長制限]なし
[年齢制限] 13歳未満はプレイ不可
[公式サイト] http://www.dospara.co.jp/5info/cts_vr_paradise

 

9. SEGA VR AREA AKIHABARA

今年の6月にクラブセガ秋葉原新館の6階にオープンしたSEGA VR AREA AKIHABARAでは、『MORTAL BLiTZ for Walking Attraction』というゲームを遊ぶことができます。

MORTAL BRiTZはPSVRで発売されているガンシューティングゲーム。近未来SFチックな世界で、様々なクリーチャーを二丁拳銃で倒していくというゲームで、PSVRを持っている方は遊んだことのある人も多いかもしれません。

もともとのゲームのクオリティが非常に高いので普通に家で遊ぶだけでも楽しめてしまいますが、SEGA VR AREA AKIHABARAで遊ぶことでワンランク上の体験ができます。というのも、VR世界を歩き回ることができるから。

『MORTAL BRiTZ for Walking Attraction』では、上で紹介したお台場の『SINGULARITY』のように、バックパックを背負って実際にVR空間を歩き回って敵と戦うことができるので、非常に高い没入感を得ることができます。

一度に遊べる人数が3人だけなので、常に混み合っているというのが難点ではありますが、一度遊ぶ価値アリです!時間に余裕を持って行くのがよいでしょう。

☆クラブセガ秋葉原新館「SEGA VR AREA AKIHABARA」
[営業時間] 10:00~23:30
[料金] 1,500円(現金での支払いのみ)
[身長制限]100cm未満はプレイ不可
[年齢制限] 13歳未満はプレイ不可
[公式サイト] https://tempo.sega.jp/tnsb/vr-area_akiba

 

 

都内全域

10. 自遊空間

全国にインターネットカフェ・漫画喫茶を展開する自遊空間もVRを導入しています。
特に高クオリティのVRが体験できるVIVEは、都内では亀戸店NEXT蒲田西口店の2店舗で遊ぶことが可能。

アーチェリーなどのミニゲームが楽しめる『The Lab』広々としたVR空間で卓球が楽しめる『PING PONG LEAGUE』襲い掛かってくる巨大な怪物を倒していくアクションゲーム『TITAN SLAYER』などの本格ゲームを遊ぶことができます。

また、その他では都内では、19店舗でGalaxyを使ったスマホVRのGear VR、5店舗でFOVEという新型のVRデバイスを体験可能。

ゲームセンター型の施設では、どうしてもひとつひとつの体験は短くなりがちですし、順番待ちの人を気にして思う存分楽しむことができないかもしれせん。人の目を気にせず、心ゆくまでVRゲームを楽しみたい人には自遊空間がおすすめです

☆自遊空間
[公式サイト]https://jiqoo.jp/entry/vr/

 

11. VR THEATER

VR THEATERは、全国のインターネットカフェ、漫画喫茶、ホテル、カラオケ、ゲームセンターなどで気軽にVR体験ができるサービスです。

進撃の巨人攻殻機動隊などのキャラクターもの、初音ミクのようなバーチャルアイドルのライブ映像、花火大会に実際に来たような体験ができる『長岡花火大会 フェニックス2016』、ほんとにあった怖い話制作の『乃木坂46 VRホラーハウス』など、バラエティ豊かなVR動画を体験することができます。

以前話題になった、女優の武田玲奈が主演を務める日本初のVR映画『交際記念日』もこのVR THEATERで配信されている作品。1周年を記念して制作された映画で、VR動画としては長めの15分間の作品となっています。

他にも、日本初のVRシングルとしてリリースされた倉木麻衣『YESTERDAY LOVE』のMVが見れるなど、数々の最先端の取り組みをしているVR THEATER。都内では、上で紹介した自遊空間以外でも数多くの店舗で体験することができます。

☆VR THEATER
[公式サイト]https://www.vrtheater.jp/content/

参考リンク:
VR分野のゲームとエンタメについての記事一覧
VRゲームやVRを使ったエンタメ分野に興味がある方はこちら

SNSでフォローする