VRの活用へのヒントが見つかるメディア

グループ管理機能の使い方:3D Stylee応用編

3D Styleeで制作された360度VRコンテンツを、例えば、部署ごとや店舗ごとなど、それぞれ分けて管理したいという要望をよく聞きます。それに対応して、3D Styleeではグループ管理機能が備わっています。今回は、このグループ管理機能の概要と、その使い方についてまとめます。

1. グループ管理機能とは

制作したコンテンツを、会社の別店舗のメンバーそれぞれで管理したり、部署ごとで管理を分ける場合に、このグループ管理機能は便利です。グループの中で1人、管理者が設定されます。それ以外が一般メンバーとなります。
 
管理者以外の一般メンバーは、グループ全体のコンテンツ一覧を見ることができ、その中で自分の管理しているコンテンツについて編集ができますが、自分以外が管理しているコンテンツは編集できません。
他方で、管理者ができることは、主に以下の4つです。
 
グループ全体のコンテンツの編集管理
一般メンバーの追加や削除
グループ全体の共通URLの設定や変更
コンテンツの所有者(編集権限者)の変更
 

2. 使い方

3D Stylee グループ管理機能
 
まずは上のように、「マイページ」から右上のメニューで「グループ管理」へ移動します。
以下のようにそれぞれ設定ができます。
 

一般メンバー追加や削除

3D Stylee グループメンバー追加
 
メンバーの追加方法は2種類あります。
 
1)新規ユーザーを作成しグループに追加する
これは3D Styleeにアカウント登録をしていない人をグループに追加する場合です。
以下のようにパスワードなども含めて設定します。
そのメールアドレスに確認が行くので、その人がそれを承認したらその人自身も、同じように3D Styleeを使えるようになります。
その人にも一言、追加した旨を伝えておくと良いかもしれませんね。
3D Stylee グループ新規メンバー追加
 
2)既存ユーザーをグループに追加する
これは3D Styleeにアカウント登録を既にしているユーザーをグループに追加する場合です。
「検索」をしてそのアカウントが見つかった場合は、即座に追加されます。
3D Stylee グループ既存メンバー追加
 
グループからメンバーを外す場合は、現在のメンバーのリスト部分に「削除」リンクが表示されていますので、いつでもメンバーアカウントを減らすことが可能です。
 

グループ全体の共通URLの設定や変更

3D Stylee グループ管理機能
 
制作したコンテンツのアドレスは、https://3dstylee.com/xxx/yyyとなります。
xxxの部分は、管理する各ユーザー名が入りますが、グループ全体で共通のものを設定したい時に、この機能が使えます。
この共通URLは、新たに設定することも、変更することも可能です。
グループ共通URL設定は、それ以前に制作したプロジェクトにも適用されますが、それらのプロジェクトの元々のURLも引き続き有効です。
 

コンテンツの所有者(編集権限者)の変更

3D Stylee 権限変更
 
マイページの各プロジェクト部分に、下画像のように変更するためのドロップダウンが管理者のマイページには出てきます。ここで各プロジェクトの編集権限者を他のメンバーに振り分けることが出来ます。
 

3. まとめ

3D Styleeをプロアカウントで使っていただいている利用者は、自分を含めて3アカウントまでメンバーの登録ができます。1アカウントを追加するには、月額5,000円がかかります。(13アカウント目からは、月額3,000円)
ぜひグループ管理機能もうまく活用し、360度VRの推進により業務効率化、成約率向上やオンラインプロモーションの強化へと繋げてもらえたらと思います。
 
参考リンク:
3D Stylee(スリーディースタイリー)のサービスページ

参考リンク:
360度VRコンテンツ制作ソフト「3D Stylee」の使い方の記事一覧
360度VRコンテンツ制作ソフト「3D Stylee」の使い方に興味がある方はこちら

SNSでフォローする